×
0101

海外進出の可能性を検証する

海外進出を検討する際、まずは実現が可能かどうか?を正しく検証する必要があります。
ここでは様々な側面から検証する方法について詳しく触れていきます。

01-0

海外進出は実現可能ですか

海外事業特有のリスクを具体的に把握し、海外進出前に回避策を練っておくことは基本中の基本です。
御社の海外進出が実現可能かどうか、早速検証していきましょう。

もっと見る
01-1

海外事業用のビジネスモデルはありますか

海外進出の実現可能性を考える上で重要なのはビジネスモデルです。
海外進出をきっかけに、自社にとって最強のビジネスモデルとは何かをじっくり考えてみるのも良いでしょう。

もっと見る
01-2

海外進出のリスク管理は考えていますか

海外進出には海外取引特有の、カントリーリスクがあります。
リスクヘッジをするための、PL保険、取扱説明書、企業信用調査、契約書、労務管理、法令順守、ビジネス常識が、日本のハンドルとギアのまま、輸出や投資を進めていませんか。

もっと見る
01-3

海外進出で知的財産は管理されていますか

海外進出の際、海外市場で優位性を維持するには、日本国内だけではなく、仕向け国や進出国それぞれにおいても特許、商標、意匠などの知的財産の権利化(申請、登録、管理)が必須です。日本で知的財産権登録を終えているからと言って安心はできません。

もっと見る
01-4

輸出入の規制について知っていますか

日本から製品を輸出する際に輸出規制があります。
また、各国へ製品を輸入する際には各国ごとの輸入規制があります。
海外進出する際、両方の規制をクリアしなければ日本から商品を出すこと、相手国へ商品を入れることが出来ません。

もっと見る

中小企業のコンサルティング&実務(OJT)支援ならお任せください。
延べ1900社以上の海外進出支援実績