×
JPEN
01-201-2
実現可能性を検証する

リスク管理は考えていますか

海外には海外の、PL保険、取扱説明書、企業信用調査、契約書、法令、ビジネス常識があります。

日本のハンドルとギアのままでは、海外展開はスムースには進みません。

はじめに

海外進出済みの中小企業の82.4%が、未だ海外リスクマネジメント方針を持っていない。海外リスクマネジメント実態調査 2016年2月 独立行政法人中小企業基盤整備機構

日本の本社もろとも総倒れにならないために、
有事に備え、イザという時のために、
転ばぬ先の”海外展開用の杖”を、しっかり準備しておきましょう。

海外展開のリスクにはどのようなものがありますか?

海外取引(輸出)、海外進出(投資)、それぞれの取引の流れの、最初から最後までを、具体的にイメージしてみると分かりやすいでしょう。

例えば海外取引(輸出)の場合、海外から問い合わせが入ると、メールで海外企業とのやり取りが始まります。見積もりを出して、受注となれば生産し、代金回収ののち、商品を輸出します。

この流れの中だけでもそれぞれ

  • 技術情報流出
  • 支払い遅延
  • 貸し倒れ
  • 貿易の輸出輸入規制
  • 梱包不具合、破損、紛失
  • 商品仕様の誤認識による返品可能性

等のリスクがあるでしょう。

海外進出(投資)をして海外に店舗や工場を設立する場合は、不動産契約や、仕入れ調達、従業員確保が必要ですが、

  • インフラ未整備
  • 工事遅延
  • 当局規制(法令、税務、環境)の変更と不適切運用
  • 不利益契約
  • サプライヤーの品質不良
  • メンテナンス不備
  • 人材未定着
  • 現地慣習誤認識
  • スト・テロ・暴動
  • 自然災害
  • 感染症

等のリスクがあるでしょう。

日本のリスクとどう違いますか?

こんなところで足止めを食うのか、
こんな落とし穴があったのか、
という”こんな”のレベルが異なるでしょう。

例えば海外取引(輸出)の場合、

取引希望メールを送ってきた会社が、商品を受け取った後に消えてしまい、所在が確認できなくなったり、

説明のために開示した納入先の実績情報や商品データを関係の無いサイトに無断で転載されたり、現地で自社の商標を承諾なく登録し該当国での総代理店のように振る舞われたり、

あるいは、先方による商品ページの見間違いにもかかわらず、商品ページとは仕様が違うと突然返品されたり、

先方の書類不備が原因で輸入通関ができず、保管倉庫代がかさんだり、商品が劣化し廃棄を余儀なくされたり、何度督促しても代金を支払ってくれなかったり、そのうち連絡がつかなくなったり、

等々があるでしょう。

海外進出(投資)の場合は、

現地パートナーから不正確で不親切な情報しか得られず、非効率的で非現実的な投資プロセスを進まざるを得ず、想定の何倍もコストが掛かったり、

そのことに撤退する時にはじめて気づいたり、こういったことは現地の誰も教えてくれないものだと、あとから知ることもあるでしょう。

また、言葉のニュアンスが分からない為に長年、甚大な機会損失が起こっていたり、

性善説に頼った管理を続けた結果、備品盗難、請求金額の水増し、悪質なリベート要求の発見が遅れたり、連休明けに従業員が戻らず現地法人運営が立ち行かなくなるなど、

日本では無かった“こんなこと”への対応に忙しくなることがあるかもしれません。

海外展開特有のリスクを回避するにはどうすれば良いですか?

まずはリスクを知り、備えることです。

知ることについては、最初は特に、失敗とその原因を、先行企業の海外展開事例から読み解くことから始めると分かりやすいでしょう。

海外展開成功のためのリスク事例集 2014年 中小企業海外展開支援関係機関連絡会議

どう備えるかについては、なぜそのようなことが起きるのか?の根幹について、海外にいる相手の立場になりきって想像してみる、というのも1つです。

例えば、日本と異なり海外の国々では、

  • 歴史が浅い
  • 刹那的
  • 識字率が低い
  • 国のセイフティネットが無い
  • 餓死する人が日常にいる
  • 社会全体の競争が激しい
  • 社会のルールを守ることで得られる”自分の“メリットは無いか、非常に少ない
  • 落とし物を届けるシステムは無い、仮に届けたとしても盗みを逆に疑われるリスクはある

などがあります。

また、下記のように考える人も普通にいます。例えば、

  • 残業し休日出勤し健康を害してまで仕事をするのは狂気の沙汰でクレイジー
  • 生きる意味の根底に”神”や”家族”の存在はあってもそこに”会社”を同列化するなどありえない
  • 共同体の内側の人には尽くすが外側の人(異宗教や異国)への仁義は無く、期待もしない
  • 真実は1つではなく多面体で、今日の正解は明日には不正解、ということもある
  • 二重三重に防御して、持ち分を減らさぬ自助努力は当たり前
  • 理由も無く人のことを信用しない、自分が簡単には信用されなくても驚かない
  • 意見があれば主張をする、表情乏しく頷くだけでは意味が分からない、不参加と同じ
  • 唐突な指示や、背景説明が無い依頼を、業務命令と言われても、動けない、説明責任を果たしていない

などなど、日本と異なる世界が垣間見えると、

いかに日本側が異質か?が何となく掴めるようになってきます。それぞれの国で物の見方や考え方に大きな幅がある中で、100%リスクを回避できる、と考えること自体が現実的ではないことが分かります。

許容できる下限を、社内でしっかり事前に協議しておきましょう。

展開したい国や事業により、絶対に回避すべきリスク、許容せざるを得ないリスクが、それぞれ変わってもきます。

知らないというのは怖いものですね。
しっかりとリスクに備え準備をしようと思います。

いい心掛けですね。

ほかにも大切なリスク管理として、「知的財産の管理」があります。

海外での模倣品多いですよね。
でも、どうせ止められないんじゃないですかね?

そんな弱腰でどうするんですか!!

売られた喧嘩のかたはきっちりつけないと・・・・

>01-3 知的財産は管理されていますか?