×
JPEN
03-203-2
戦略を構築する

海外向けWebサイトはありますか

単に日本語サイトを英語に翻訳しただけでは、海外向けWebサイトとしての成果は期待できませんが、海外向けに、コンテンツづくりから刷新し、丁寧に取り組めば、半年程度で成果は出始めるでしょう。
海外向けWebサイトの立ち上げは、海外展開中もっとも投資効率の良い一手となります。

はじめに

顧客のニーズを芯でとらえた、集客力の高いホームページを持つことは、中小企業の経営者の悲願です。そんな大げさな、、、と思うことなかれ。

考え尽くされた分かりやすい海外向けWebサイトがあれば、海外展開中、どのフェーズにおいても、会社を、担当者を、事業そのものを、24時間働く最強の営業ツールが、根底から支え、助けてくれます。

特に、海外出展中、あるいは海外営業中に現地で、
「詳細な技術データは弊社HPから確認できます」
「会員用の使用方法の動画もあります、パスワードをお伝えします」
「更なるお客さま事例は弊社のHPに写真とサンプルと共に掲載しています」
「今説明したWholesale Program についてはHPからもダウンロードできます」
と言えることの

効率の良さ、目の前で得られる相手の納得感、商談がスムースにゴールする達成感、を体験してしまうと、

”考え尽くして“海外向けWebサイトを作っておいて、本当に良かったと何度も何度も思うでしょう。どれほど有能なビジネスパーソンでも、分かりやすいHP(信頼の根拠)すら無い会社の商品を海外で売るのはたいへん難しいでしょう。

日本語のホームページが既にあります、英訳しただけではダメですか?

日本語原稿を英訳しただけでは、期待する成果はあまり得られないでしょう。

一番安く海外展開する方法が、海外向けのWebサイトを構築することです。今後、予算と人員の都合から、海外出張も海外出展も予定が無い場合、かつ、海外展開は視野に入れたい場合、海外向けのWebサイトだけは是非つくっておきましょう。

失敗のない作り方としては、出来ればまず、英語のサイトを一から新しく制作します。それを日本語に訳したものを国内サイトのリニューアル版としても公開するのが良いでしょう。

理由として、日本語のホームページ(の英訳版)には、英語圏からの来訪者が真に必要とする情報が少ない割に、不要な情報が多いことがあり、大変な努力なくしては、最後まで正しく読み切ることが難しいためです。

例えば検索する人、というのは、何かに困っていて、問題を解決するための情報を探している人ですが、その人の知識レベル、ビジネス背景、情報探索力は、実にさまざまです。日本人の平均とは大きくかけ離れていることもあります。

  • どのページを見ても、一番言いたいことが1行程度で言い表されていて
  • ありきたりではないオリジナルのキャッチコピーが入念に作り込まれており
  • その理由と根拠がプロのデザインによる図式、写真、数値、データ表などでまとめられ
  • 業界の全体像や競合との違い、ポジション、優位性が分かる参考資料がダウンロードできる

という情報が、約10分程度で収集できるシンプルなサイトが好ましく、

  • 他社にはない圧倒的な強み
  • 買うべき理由についても数十秒で確信できる

サイトならば、更に評価されるでしょう。そして再び来訪した折に、より詳しく読み込みたいと思えるような、

  • 分かりやすいレイアウト
  • 動線
  • 情報量(何もかも詰め込みすぎない)
  • 読み進めたくなる顧客の声の存在

などもたいへん重要となるでしょう。

消費者向けの商品やサービスの場合は、

  • イラスト
  • 写真
  • 動画

を駆使し

  • 最高に美しいもの
  • ストーリーが分かるもの
  • 共感したくなるもの
  • 再訪したくなるもの

を、工夫して作り込むと更に良いでしょう。

海外からどう見られている? 国内サイト海外サイト比較まとめ51社

海外向けWebサイト制作時の注意点はありますか?

ぜひ、経営者の方は、海外向けWebサイト制作の打ち合わせに同席してみてください。担当者の方であれば、経営者の方のご同席を切にお願いしてみましょう。

Webサイトは経営者の頭の中の縮図であり、経営者の想い、やりたいこと、今後の方向性がぎゅっと詰まっているものです。その経営者がWeb制作の打ち合わせに立ち会わなくては、話は前に進みません。

Webサイトは今や国内・海外関係なく、事業運営に影響を与える重要なツールですが、経営者がサイト構築に関与しない場合、

  • その企業独自の海外戦略が何ら反映されていないサイト
  • 会社名とロゴをそのまま競合他社のものに入れ替えても大体成り立ってしまうサイト
  • 安心安全、信頼オンリーワン、顧客主義、など頻出ワードが並び誰にも響かないサイト

ができあがってしまうでしょう。

また、担当者に任せているから、海外向けだから、と経営者が同席しないことは、海外展開に必須の、異文化適応能力を高める絶好のチャンスの、経営者ご自身の機会損失にもなります。

コンテンツには独自性を持たせ、どのお客さまのどんな役に立つサイトにしたいのかをページごとにしっかり問いながら反映させ、経営者の熱い思いが全世界に伝わるようなサイトを、全社一丸となって作り上げていくことが、海外展開の成功には重要です。

英語のホームページ制作で失敗しない為の注意点13まとめ

良い海外向けWeb制作会社の見つけ方はありますか?

Web制作会社を探すより、こんな海外向けサイトが作りたい!と思えるサイトを探すことから始めた方が、上位表示会社から相見積もりを集めるより品質リスクは回避できます。

Webサイトの探し方は下記(再掲)に譲りますが、こんなサイトを作りたい!というものが見つかれば、そのサイトの企業名と「制作実績」という単語で検索してみると制作会社がヒットすることが多いでしょう。

英語のホームページ制作で失敗しない為の注意点13まとめ(再掲)

その素敵なサイトが制作会社のたまたまの成果なのか、安定してレベルの高いサイトを制作している賜物なのかは、その制作会社のWORKS欄をくまなく見ることで把握できます。

たまたまの可能性が高ければ、また別の素敵なサイトから、制作実績の検索を続けます。制作会社を見つけた後も、実際にRFP(Request for Proposal)を作成し、制作会社から感触や提案を受けることで、その会社やクリエイター、デザイナーの考え方や人となりも、より具体的に分かってくるでしょう。

お役立ち英文書式 RFP(Request for Proposal)

海外の制作会社へ依頼する場合、欧米企業となれば制作費用は日本と同じかそれ以上かかるでしょう。アジアの制作会社や海外のフリーランスだと安くなる場合はあります。

しかしWeb知識と英語力が共に初心者レベルでは、やりとりを正しく進めることはかなり難しいため、Web知識か英語力のどちらかが上級者レベルとなった暁に、海外の制作会社にぜひ問い合わせてみましょう。

海外展開時に24時間働く最強の営業ツールがあれば、実に心強いですね!

御社の強み=フラッグ(旗)を立てて、海外市場に効率的に伝えられるようになったあとも、もうひと頑張りが必要です。

海外にもたくさんのフラッグ(旗)=競合がいます。
その中から、選ばれ続ける理由がないとですね。

選ばれ続ける理由ですか?

そうです。
選ばれ続けるにはブランディングが必要です。

>03-3 海外ブランディングもできていますか